ベルタ葉酸サプリ 高齢出産

ベルタ葉酸サプリ 高齢出産

ベルタ葉酸サプリ 高齢出産

 

 

 

"ベルタ葉酸サプリのビオチンには危険性はないの?

 

妊活中のご夫妻や、妊娠中の女性に人気が高いベルタ葉酸サプリですが、一部ではベルタ葉酸サプリは危険だからやめたほうがよい。
という声もあります。
どうしてベルタ葉酸サプリは危険なのでしょうか?

 

ベルタ葉酸サプリに含まれいている成分に何か問題があるためなのでしょうか?

 

そこで気になるベルタ葉酸サプリの成分をチェックして、ベルタ葉酸サプリに危険な成分がないかを確認してみることにしました。

 

まずはベルタ葉酸サプリの全成分をチェックしてみましょう!

 

ベルタ葉酸サプリの全成分はこちら
→乾燥酵母、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理 燕窩)、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、フィッシュコラーゲン(ゼラチン)、馬プラセンタエキス末、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん、貝殻未焼成カルシウム、セルロース、クエン酸鉄Na、ステアリン酸Ca、クエン酸、ビタミンB6、ビオチン、サンゴカルシウム、着色料(β-カロテン)、ビタミンC、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12

 

このベルタ葉酸サプリの成分の中に、ちょっと見慣れないものがあります。

 

ベルタ葉酸サプリにはビオチンという成分が含まれていますが、このベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンには危険性はないのでしょうか?
チェックしてみましょう。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンとは?危険性はあるの?

 

ベルタ葉酸サプリに含まれている成分の一つ、ビオチンは、ビタミンの一種で、ビタミンB群に含まれている水溶性のビタミンです。
実は別名、ビタミンB7といのが、ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンの正体なんです。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは、どのような働きをするのでしょうか?
ベルタ葉酸サプリのビオチンが身体にとって危険な働きをしないのでしょうか?

 

ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは皮膚の形成にとても深いかかわりをしていきます。
妊娠するとちょっとお肌の調子が悪くなってしまうという女性も多くいますが、ベルタ葉酸サプリはビオチンという危険性がない成分が含まれていることで、お肌をキレイに保つことが出来る。
という美容効果もベルタ葉酸サプリを飲むことで期待することが出来るんです。

 

実はこのベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは、お腹の中の赤ちゃんにもとっても大切な働きをしています。
赤ちゃんの皮膚を形成するのも、ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンが活躍してくれるんです。

 

さらに、DNAの成分の一つである核酸の生成にも、ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは関係しているんです。
核酸の生成にかかわる酵素の働きを補う補酵素として、ベルタ葉酸サプリのビオチンは働き、さらに細胞の合成も促進させるという働きをしています。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは、危険があるどころか、とっても大切な働きをしている栄養素になっているんですよ。

 

実はアトピー性皮膚炎にもベルタ葉酸サプリのビオチンは効果的です。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは、危険性があるどころかアトピー性皮膚炎の改善効果もある。
ということが分かってきています。

 

アレルギー物質が身体に侵入すると、ヒスタミンという物質ができ、これが皮膚の炎症を引き起こすのですが、ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは、このヒスタミンの元になっしまうヒスチジンという物質を身体の外に排出してくれる役割をもっているんです。

 

つまり、ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンを摂取することで、アトピー性皮膚炎の原因を減らすことが出来るという、危険どころか嬉しい効果を得られるんですよ。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれているビオチンは、危険性がないということが分かりました。

 

ただ、ベルタ葉酸サプリを多量摂取をして、ビオチンを沢山とりいれたとしてもさらにビオチンの効果を取り入れることが出来るという訳ではありません。

 

あくまでもベルタ葉酸サプリの一日の摂取目安量を守って摂取することが大切ですよ。
"